下垂体なしにも。寄り添うClariS

なるべく毎日、書いていきます。天国コトバ

幸福量保存の法則

f:id:non-hypophysis:20181105153406j:image

ホムンクルス

の絵は記事を書きながら描きたくなっただけでw

ドライブの休憩をしていてふと思い出した

タイトルの言葉は「ああっ 女神さま」という漫画の中で出てきた概念。

心臓の一生の拍動数がどんな動物でも一定

「命の短い動物ほど早く脈打ち、逆に命の長い動物ほど遅く脈打つ」という説があるように、幸も不幸もおしなべるとみんな一緒だよという説。

ガセネタと思うかもしれないが身近な人に当てはめてみよう。

ちなみにおいらは結構当てはまると思っている。あまりラッキーな目にあった経験は記憶にないのに、こと生き運に関しては貧乏神ばりにいい。

崖から落ちた時も

車に轢かれた時も

脳腫瘍ができた時だって

初めて心が壊れた時も

中国で崩壊した時も

事故起こした時すら

 

死に至ることはなかった。

(それぞれの昔話は機会があってきちんと覚えていればします)

アンラッキーを救済されすぎていいことに使う分がないのね、はい。

 

もうボチボチでっかい運の出費がないよう、コツコツ貯運できるよう、慎ましく生きたいものだ