下垂体なしにも。寄り添うClariS

なるべく毎日、書いていきます。天国コトバ

上手くいきました。「わふーしょうゆな〜ら」

生クリームを消費しないといけない理由があって、ずっとカルボナーラを作りたいと思っていた。以前投稿した

転載なんだけど… - 下垂体なしにも。寄り添うClariS

で登場したものに挑戦した。

f:id:non-hypophysis:20181111145054j:plain

この写真は全部合わせる前の状態。

卵が入ったソースは味を整えて湯煎している。

パスタがゆだらさったら ”火を止めて!” 両サイドから フライパンの中のものと合わせる。気をつけるべきはいかに全ての過程で温度を下げないか。ちょっと中華に似ている。実は最後によそる皿も湯煎している。

f:id:non-hypophysis:20181111145450j:plain

完成(あまり写真がうまくなくてすみません)

今回は食べ出して数秒で電話が掛かってきてしまい、残念な気持ちになってしまったのだが、終始ぼてらずにいい感じで食べることができた。

おいらは中華が得意なのだが、これは急なお客さんにも出せる自信作だ。

それぞれの材料の量は上のリンクにあるのでぜひお試しあれ♪

追記:生クリームの比率を多くするとリッチな味に。でも牛乳合わせて300mlになるようにすべし。でも今回の感覚だと300mlは少し多いかもしれない。牛乳と生クリームで250mlで十分かも。

やっぱり塩加減は重要で、何度か合わせたソースを味見した方が良い。

ポイントはみんな知っていると思うが ”少なめから!”

 

冬が二の足を踏んでいる秋だけれど、確実にやって来ている気配がする。

体調くずさないで生きましょう。