下垂体なしにも。寄り添うClariS

なるべく毎日、書いていきます。天国コトバ

ジビエ好き

連日連投すみません。きっとじきネタ切れると思います

さて。ちょっとした自慢だが山奥に住んでいると野生動物が食べられる機会がよくある。機会があっても嫌いなら口にすることはないのだが、おいらはね、好きなのだ♪

今まで食べたことがあるのは

鹿、兎、猪そして熊!

f:id:non-hypophysis:20181110183921j:image

今回の写真は

「小鹿さんロースのルイベ」

味付けはオリーブオイルとニンニク、塩、コショウ以上。うまい!

獲れたてを処理して新鮮だから(どうやって獲ったかはナイショ)臭みもなく柔らか。シンプルな味付けがとっても似合う。

兎はその昔ユパという犬が足と牙のみで仕留めた。そのお手柄をおすそ分けしてもらった。確か心臓とロースだったと思う。鳥に似た歯ごたえのある食感でとても美味しかった。ユパは今はもういないがあの味とともに一生忘れないだろう。

猪、熊はハンターさんから物々交換でもらうことがある。

猪は一言で言うとワイルドな豚。やっぱり定番の味噌鍋がうまい。

熊は独特。まずどこまでも柔らかい。その柔らかさに犬たちも不気味がるほど。で、脂が少し癖があってしつこい。調理次第の肉だと思う

 

いずれにせよ、おいらが肉好き、しかもジビエ好きということはとても感じていただけたんじゃないかなぁ