下垂体なしにも。寄り添うClariS

なるべく毎日、書いていきます。天国コトバ

忘却のエネルギー

イデアや夜見た夢を忘れる早さたるやすさまじい!

おもったこと、ないですか?

覚えようとして勉強することも意図的に繰り返しやらないとすぐ忘れてしまう。

人間の記憶置き場にはおいら、今覚えているだけでも3つあって。

短期記憶と長期記憶ともう一つなんていうんだったかな、体に覚えこませる記憶。1番忘れやすいのは短期記憶で思い出すのに扉が重いのが長期記憶。そう考えると1番頼りになるのは結局身体の記憶で、俺たちゃ所詮動物なんだと落ち着きそうになる。

 

って今回言いたかったことは別のこと。

人間のものを忘れるためのエネルギーは膨大で、無駄じゃね?? ということ。

じゃ、何かに使えないのか、お主は忘れることのない人間が作れるのか? といえば何も反論できないし、忘れる機構を持たない脳なんて存在できないとも思う

こういうネタを考えていた本を一冊紹介しておこう。

 

ユーザーイリュージョン―意識という幻想

ユーザーイリュージョン―意識という幻想

 

 


ちなみにおいらは途中で挫折した。

内容消化した優秀な方、おいらにわかりやすいよう教えてください;_;

遠い未来自分の脳に車をつないで自動運転で目的地に移動しつつ車内で仕事して家族のいざこざを忘れるエネルギーを車の燃料にするなんて、そんな世界が来たら怖いね。

 

ここで一曲

アネモネ

アネモネ