下垂体なしにも。寄り添うClariS

なるべく毎日、書いていきます。天国コトバ

自慢じゃあないけど

尿崩症者の薬が切れた時の水の飲み方たるや、すさまじい

f:id:non-hypophysis:20181103143926j:image

1リットルの飲み物を一気飲みするくらいわけないもの

炭酸はしんどいのとお金がかかるので買ってがぶ飲みはしないけど。

でもコーラ1リットルもいっきとは行かないまでも2、3口で空ける自信はある。

 

これだもの、肝臓ダメになっちゃうよなあ…

 

こういうのは実体験的に心持ちで何とかなる次元を越えた欲望のようで、薬を飲むしか抑える方法がない。だからおいらは重度の糖尿病の人がブドウ糖を手が届くところにいつも置くように、ミミリンちゃんを3箇所気軽に内服できるよう備えている。

 

手軽に口に含めないと、探すような状態だといざという時に役に立たないのだ。

それほど薬が切れた時の渇きは凄まじく、日常を侵食する。

 

あたりまえに生活していると感じることはないかもしれないけれど、生死に密着したような欲望を感じる機会があると頭でっかちでも人間は動物なんだと立ち戻って行けるのかもしれない…

 

ギリギリの欲望とか生活とか。しないにこしたことはないけどね